月別アーカイブ 2018年10月29日

南下浦町上宮田・中野さんへの移住者インタビュー(5/5)

南下浦町上宮田・中野さんへの移住者インタビュー(5/5)

 

こんにちは。三浦三崎の入れ知恵集団MISAKI STAYLE(ミサキステイル)です。

 

移住者インタビュー記念すべき1人目の最終回となりました。

なんだか寂しい気もしますが、

今後もちょいちょい登場していただきましょうか(笑)

 

移住歴16年。南下浦町上宮田に移住された

中野 紀子(なかの のりこ)さん

 

 

前回は

これからチャレンジしていきたいことは?

冬の三浦

という質問をさせていただきました。

 

1/5の内容はこちらから → 中野さんへの移住者インタビュー(1/5)

2/5の内容はこちらから → 中野さんへの移住者インタビュー(2/5)

3/5の内容はこちらから → 中野さんへの移住者インタビュー(3/5)

4/5の内容はこちらから → 中野さんへの移住者インタビュー(4/5)

 

最終回はインタビューというより

世間話の流れで浦の人」について語って下さいました。

 

 

それでは早速インタビューしていきましょう!

 

ちなみにインタビュアーはメンバーの岩野です。

※記録係の菊地と写真係の浅葉も時々会話に混じります(笑)

 

 

 

中野さんが前回のインタビューの最後で

人間関係とか住んでいる環境とかそうじゃなくて、三浦に住んでて楽しむにはどうしたらいいのかって考えた時に自分から行動しないと何も変わらないので、浜辺にいったり、三崎朝市に行ったり、用もないのにお店に行って名前を覚えてもらったり・・・港楽亭とか全くそうなんだけど、私はたまたま三浦が肌にあったから楽しめているんだと思う。

 

とおっしゃっていたので、三浦が肌に合ったんだと思った「キッカケ」みたいなのがあるのか訪ねてみたところ・・・

 

中野:結局は人に恵まれたよね。

   本人目の前にして言うのがすげー悔しいんだけど・・・浅葉さんに会ってなかったらこんな風に楽しんではいないかも。

 

浅葉:ふん!(ドヤ顔)

 

中野:浅葉さんたち(YEG)が主催していたセミナーに参加したことがキッカケだった。三崎下町の路地とかは面白いなって思っていたけど、この人たちと知り合ってなかったら、ここまで三崎に通い詰めることは無かったと思う。市外に出て戻って来た人たちなので、三浦の良い所も悪い所も分かった上で、それを自分たちで変えていかないといけないという想いが伝わった。だから私も三崎に関わっていきたいなって思えた。だから本当に人に恵まれた。

 

岩野:結局は出会いですね。

 

野:本当に悔しい!本人を目の前にして言うのが!

 

浅葉:結局はノリゾー(中野さんのニックネームの一つ)の行動の結果だよ。

 

岩野:それがあったからこそ、今アクティブに動けているんですね。

 

中野:人に恵まれたなって感じたのは、うちの母親が突然亡くなって、仕事やりながら実家を手伝ってていう往復の中で、三浦の人と知り合って1年だったのに皆がお店に呑みに来てくれたりメッセージで心配してくれたりして、

なんか親戚みたいって思った。

 

岩野:なるほど、他人行儀じゃない、親戚のように親身になって心配をしてくれたんですね。

 

中野:この人たちすごい心が広いなって。

 

岩野:すごいいい話だな~。

 

中野:そう言ってる考ちゃんの目が泳いでるよ!

 

菊地・浅葉:爆笑!!

 

岩野:俺の目は常にいつも泳いでますから(笑)目が据わることは無いですから!

 

中野:あんまり考えないで移住して来たけど、いろんな親切をしてもらったので、知人が来た時に、お店に足を運んで少しでもお金を落とすとか努力している。

 

岩野:それが一番ありがたいですよ。

 

浅葉:俺らも舵木にお礼しに行かないとだな!(笑)

 

岩野・菊地:ですね!!!

 

中野:舵木もビックリすると思うけどね。

 

浅葉:舵木は(中野さんが)移住した理由の一つってことを知らないの??

 

中野:どうかな~話したかな?でも、結婚した時にランチで旦那と親と行った時に、舵木のマスターとママが私が結婚したって知らなくて、

 舵木ママ:「野村さん(旧姓)、うちの息子いるんだけど、どぅ?会ってかない?」って言われて

 中野さん:「すみません・・・一緒に来てるの、うちの旦那です・・・」

 舵木ママ:「えっ?結婚しちゃったの!??」ってやりとりがあった。

 

岩野・菊地・浅葉:爆笑!!!

 

浅葉:言っておけよ!

 

中野:旦那は藤沢に住んでたから舵木に呑みに行く距離じゃ無かったから・・・報告できなくて(笑)。

 

**************************

 

移住者インタビュー第1弾をお読みいただき、ありがとうございました~

 

三浦の人に関するトークをお届けしました~。すばらしい舵木オチでしたね!中野さんの移住者インタビューのオチはほぼ「舵木」さんでした~(笑)

私たちも舵木さんにお礼に行きたいと思います(笑)

 

次回は古今アンティークスの高橋さんのインタビューとなります!お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

【※移住者インタビューについて】

三浦に移住された方がどんなキッカケで移住したのかなど

「移住者インタビュー」を行い、みなさまにご紹介していきます。

 

三浦に移住したいとお考えの方の不安や疑問解決になればという思いと共に、

どんな人が三浦に住んでいるのか

を移住希望者にも三浦に住んでいる人にも

知ってもらう機会になればと思っています。

 

最低限のインタビュー項目は以下の3つ

・三浦市に移住したキッカケは何ですか?

・三浦移住のメリット・デメリットは何ですか?

・いつまで三浦市にいるつもりですか?www

についてインタビューをしていきます。

※かなり濃いトークが多いので何回かに分けてご紹介していきます。

三浦のガチ農作業体験を実施しました~♪

三浦のガチ農作業体験を実施しました~♪

 

今回は単なる収穫体験ではなく、ガチ農作業体験企画しました。

 

というのも、農家さんにお話を聞いたところ今夏の台風や秋雨で思っている以上に農作業が進んでおらず、大根のおろ抜きに人手がほしい!とのことでした。最近、移住相談でも農業をやりたいという人が増えており、私たちに何ができるか考えていたので、せっかくなら両者を繋げちゃおう!と思い、農業をやりたい人に連絡を取り実行!!

 

農作業は大乗・毘沙門地区の長谷川農園さんの畑で「大根のおろ抜き」をしました。

おろ抜き=間引きなので、1カ所に2本生えている大根を1本にするだけの単純作業です。今回参加した人も初めての作業でしたが、注意点だけ伝えたら即作業!というように誰でも出来る作業です。ただ、1本づつ間引くのでどうしても手間が掛かってしまうんですね~。

正直言うと、地味でしんどい作業です。

ただし!大切な工程なので、やらないという選択肢はありません。

 

↓ こんな感じで黙々と大根に向き合って作業していきます。(この日はすごい寒い日でした・・・)

今回の参加者さんは、先月ふるさと回帰支援センターで開催された「ちょこっと田舎な神奈川で暮らす 移住セミナー」で私が移住相談を受けた方でした。

どうやら職場と家を往復するだけの生活に疑問を抱き、自分らしいライフスタイルを模索している段階なんだそうで、三浦に限らずいろんな地域で農業のお手伝いをしたり、祭りの手伝いをして地域の人と関わったりしているそうです。元々「土に触れたい!」と思っていて、今回は(ガチすぎるけど)農作業で実際に三浦の農業を知る機会になるし、土に触れることが出来るからと参加して下さいました。

 

 

参加者さんの言葉の中で「黙々と作業に取り組んでいくと “ 無 ” になれるから良いですね。」と言っていたのが印象的でした。農家さんにとっては手間の掛かる、地味な作業だけど、言われてみれば日常の中で「無」になれる機会なんてないなぁ~と。とはいえ、私もガイド役として一緒に作業していたのでこの気持ちすごく分かります!!マジで無になれる!

 

・・・なので、ここで一句。

 

鎌倉に

座禅行くより

おろ抜きな

 

身体もポカポカしますし、変わった乗り物に乗れますよん!

ちなみにこの乗り物は「ナエッコ」という名称だそうで、長谷川さんが三浦市内で最初に使い始めたそうです。

椅子に座って前のかごにおろ抜きを入れます。左右中央の3列をおろ抜きながらバックして使います。後ろのかごには飲み物やタオルなどが入れておける便利グッズ!三浦の農家さんでは一家に約2~4台くらいは持っているそうです。

 

当日のスケジュールは9時~12時、13時~16時に畑で作業し、お昼は長谷川家で女将さんの手作りご飯をいただきました~この日のメニューはカレー!私には少し辛かったけど野菜もたっぷり入っていて美味しくいただきました。

 

そして何より参加者さんが喜んで下さったのが、

自分でさっきおろ抜いたばかりの

「おろ抜き大根」を食べさせてくれたことです!

 

美味しそうなおろ抜きをおばあちゃんが選んでくれました。

 

双葉の部分はもぎって根の部分を切り落とし、

葉の部分をいただきます。

 

参加者さんも一緒にお手伝い!

午前中でトラックいっぱいのおろ抜きをしました!

 

↓ 「おひたし」はかつお節をふりかけ、醤油を垂らして食べます。

 

↓ 私の家ではやったことなかったんですが長谷川農園の「マヨネーズ和え」はカラシを入れて和えているそうです。

 

今月はおろ抜きは無いようですが、来月にまた作業があるみたいなので、

農業に興味がある方、やってみたい方はご連絡下さいませ~。

 

 

最後に今回農作業をさせてもらった長谷川さんの後ろ姿をパシャリ!!