月別アーカイブ 2018年11月27日

農家さんが道具と古着の古物商を始めたそうで。

農家さんが道具と古着の古物商を始めたそうで。

 

先日の消滅可能性都市学で出会った三浦やさい高梨農園の取締役・高橋尚子さんとお話をしている中で「高梨農園には畑部と加工部があるんですけど、実は最近古物商を取りまして・・・お店も始めたんです。」とのこと!

野菜の生産・加工・販売と展開し

 

次は古物!!!

 

高梨農園さん面白いことしますね~こういう感じ好きだなぁ!というわけで、どんなお店なのか気になってしまったので、翌日早速行ってきました。

 

場所は三浦市南下浦にある金田漁港の目と鼻の先。金田漁港のゲート(?)がある十字路を漁港とは反対に曲がった先にひっそりとあります。(写真はお店の前の道路から金田漁港の方を見た様子)

 

 

こちらの写真はお店の入口です。写真右側に写っているレトロな佇まいの平屋が目的のお店です。

 

 

はい。そうです。看板はありません!!

ので、この風景を目指して下さいね~(笑)

ちなみに私は車で行きましたが、通り過ぎました・・・。

この奥が駐車場になっているので、車でも来店出来ます!

 

看板も掲げられていないので、恐る恐る入ってみると・・・やっと見つけました。

看板!!!

 

 

讃々舎(さんさんしゃ)」と読みます。

魅惑の店内に吸い込まれ、店名の由来を聞くの忘れてました・・・(笑)

 

店主の高梨武晃さんにご挨拶し、店内を見させていただきました。

どうやら高梨農園の加工部として使っている建物の打ち合わせスペースだった和室の2間を「讃々舎」として利用しているようです。その2間の空間は店主の古物愛が溢れた素敵な空間になっていました。また、古物の中でも「民芸」の分野がお好きなようで器が店内の中心部に置かれています。

有名な焼物というよりは、その技術の高さだったり、原材料や職人さんの希少性の高い物が集められているように感じました。

 

 

古着もたくさんあります。

 

 

私は古物の知識は全く無いのですが・・・やはり古民家や日本の建築様式に惹かれるだけあって「これすごく良いなぁ」「私好みだ」と思う物がたくさんありました。ちなみに讃々舎の文字も結構好みです(笑)

 

私の気に入った物をいくつかご紹介。

こちらは、型染めで作られた民芸日本地図です。一瞬判子のようにも思えるのですが「染物」というところにも驚きですし、こんなにも淡い色使いで可愛らしい書体にとても惹かれる物があります。

 

 

さて、ここでクイズです。

この書体・・・どこかで見たことありませんか?

 

実は今まで出てきた写真の中にヒントがあるんですよ~

 

 

 

 

 

 

終了です~

答えをお教えしますね!

答えは・・・コチラ

 

 

高梨農園さんのロゴでした~。

この民芸日本地図を描いた方はもう亡くなられているんですが、その流れを汲んだ方に依頼してロゴを作ってもらったそうです。

なので、独特の雰囲気のあるロゴに仕上がっていたんですね。

 

また、金属を加工して動物の形に作られたものもありました。

 

 

これらの古物は店主の趣味で集めていたのか伺ったらば

「いいえ。生き方です。」と一言。

 

どれもこれも独特な味わいを持った物が多く、日本のものだけでなく世界の民芸品まで幅が広く、店主の知識も広い。

古物のお店といえど仕入れもするようで、最近作られた品物もあったりするんですが、その品物自体が一般には流通しないような貴重な品物を、お店の人に頼んで作ってもらっていたり・・・古物・民芸品への深い愛情と尊敬の念を持ち、物に対する価値の見方・扱い方が新鮮に感じました。

 

古民家にも言える部分があるんですよね。

新築だからきれい、価値は下がっていく。

築年数が経っているから古い、価値がある。

有名な建築家が建てたからいいものだ。

という判断基準で無くて、どのように作られているのか、どのように使われてきたのか、など様々な価値の付け方がある。

だからこそ、その建物の希少性や技術、使われ方などを知り適正な価値で流通させる」ことによって「使われないデッドストック」ではなく「誰かにとって大切なもの」として使われ続けるのが「建物」にとっての生き方。私たちは建物が生きる為の場や仕組みをつくらないといけないですね。

 

 

「古物は自分の生き方」と言った店主のように、私も「これが私の生き方だ」と胸を張って言える物を一つでも持って生きていきたいです!

 

道具と古着の讃々舎

ぜひご興味ある方は行ってみてくださいませ~

 

*************

讃々舎(さんさんしゃ)

〒238-0103 神奈川県南下浦町金田2015

TEL|なし(行く際はFacebookやインスタでの連絡をしておくといいですよ)

営業時間|10:00~17:00

定休日|不定期

最寄駅|三浦海岸駅→バスで岩浦(いわぶ)まで約12分

駐車場|あります

Facebook|https://www.facebook.com/sansansya3s/

意外な人気!空き家相談所@みうら市民まつり

意外な人気!空き家相談所@みうら市民まつり

 

三浦三崎の入れ知恵集団MISAKI STAYLE(ミサキステイル)です。

2018年11月18日(日)10:00~15:00

潮風アリーナ周辺にて「みうら市民まつり」が開催されました。

 

 

こちらのイベントは毎年この時期に開催され、市民による市民の為のイベントとなっており三浦市民だらけの(笑)楽しいイベントです。

当日の天気も曇ったり晴れたりと若干不安定ながら割と過ごしやすい天気でしたね。

アリーナの中はステージイベントとしてダンスや演舞など、サークル活動をされている方々の日頃の成果の発表の場となっており、その他に体育館施設ならではの体力測定ブースやNPO法人などのPRブース、別室の保健・福祉ゾーンでは簡単にできる健康チェックが人気でした。駐車場部分は音楽イベントや地産地消ブース、消防車や救急車、白バイなどの子どもたち向けの体験ゾーン、そして屋外の地域交流ゾーンに私たちMISAKI STAYLEの「私設空き家相談所」を出店させていただきました。昼時になると隣の初声市民センターでやっていた飲食ブースは大行列だったようですね。すごい人がいっぱい来ていたんですね~。

 

 

正直言うと、楽しいイベントの中で空き家相談という若干のネガティブイメージを持ったブースに来る人はそうそういないだろうと思ってたのですが・・・嬉しいことに献血する時間も取れない程に立ち寄ってくれる方が多かったのです!!!

結局この日は空き家に関するご相談が3件

それ以外に興味を持って私たちの活動の話を聞きに来て下さった方が6組

と自分たちが想像している以上の出店成果でした。なによりも、物件相談ではなくても「今日話が出来て良かったよ」「そんな情報知らなかった・・・」「三崎下町行ってみます!!」と地元の人たちに、地元の変化や私たちの活動を知っていただけたことが本当に嬉しく、出店して良かったと思わせてくれました。

当日、手配りでも良いから配布しようとしていたチラシの印刷を忘れていた(なんなら作っていたこと自体忘れてた)なんてハプニングもありましたが・・・なんとかなるもんですね(笑)

 

もちろん自分たち自身も三浦を楽しむ!!ということを大切にしたいので、一時的に他のメンバーに相談所を任せ、ぐるっと回ってきました。

 

楽しいイベントには音楽がつきものです!

地元の中学生や音楽活動をしている方が出演しているので、やはり親近感も沸きますし、三浦バージョンの曲なんかもあったりして聞いて笑顔になります。

 

 

市民まつりでも主婦に圧倒的な人気を誇る「まな板削り」「包丁研ぎ」イベント開始前から長蛇の列となっており、整理券が配られるとパッと人がいなくなる不思議なブースです(笑)職人さんが黙々と包丁を研ぐこのブース、ずっと見てられます・・・。

 

 

次に向かったのは保健・福祉ゾーン。

ちょうど休憩時間になってしまっていて、仕方なく諦めてスタンプを押していたら、背後から「血糖値測っていかない?」と声を掛けられ、びっくりしつつもチャレンジしてみることに。

なんと!!血糖値を測るために血液が必要なのですが、自分で針を刺して血液採取するそうなんです。(簡易的なキットを使った簡単な検査であっても医療行為になってしまうそう)ということで、初めてのセルフ針刺し?体験にドキドキしながらやってみることに。

針刺しの仕組みは、中がバネになっていて、ボタンを押すと針が飛び出てくるという簡単な仕組みです。(写真でいうと私の右手親指部分にボタンがあります)があり)

 

 

お姉さんに「痛いですか?」と聞いたらば「ちょっと痛いですね」と返され、怖さが増したものの「いや、ここは勇気を出してやるしかない!!」と気合いを入れ、ボタンを・・・押しました。

パチン!

っという音と共に本当に細いだろう針がチクっと私の指を刺しました。

 

感想は「ちょっと痛い」

 

まさに、お姉さんの言うとおり。

ちょっと痛いんです。でもちょっとだけなんです。

例えるならば、ちょっと大きい蚊に刺された事に気づいた時と同じ痛みですね。ちなみに血糖値は食後2時間以内にも関わらず98mgと良い数値でした。

・・・じゃなくて市民まつりの話ですね。

 

次にアリーナ内を散策していると、プロ空き家相談所の方発見!(笑)決めポーズしてるし!!

 

 

こちらの「宅地建物取引業協会横須賀三浦支部」のブースでは100円以上の募金でハズレ無しのクジ引きが出来るそうなのでやってみました~。

見事2等!!!

 

 

思いがけず、当たってしまいました(笑)実家に献上します~。

あとは親が須坂市のエノキタケを気に入っているので、エノキタケとセット販売していた長芋をゲット。

そして新たな発見が。

看板に使用した模造紙を入れてきた「アジャスターケース」図面などを入れて持ち歩く筒状の物ですが・・・「長芋ケース」としてもぴったりでした。

 

 

最近おにぎりを入れておくおにぎりケースや、バナナを持ち歩く為のバナナケースがありますが、須坂市の超ロング長芋を買うなら「アジャスターケース」改め「長芋ケース」をオススメします。※長芋は約80cm程あります。

 

とまぁ、私自身もいろいろ回って、いろんな人と話をして、時には美味しい差し入れまでいただいて・・・

 

 

 

みうら市民まつりを満喫しました。

それと同時に、知り合いがたくさんいることで自分自身の見聞も広まり、面白い話もたくさん集まってくるし、こういうイベントもいろんな楽しみが生まれるものだと感じました。

 

やっぱり、三浦っていいなぁ!!

 

と思った1日でした。

もちろん、本日ご相談いただいた案件もすぐに動き出しますよ~。

ということで空き家・空き店舗があるよ~という情報お待ちしております。