移住者インタビュー
南下浦町上宮田・中野さん

中野さんが人間関係とか住んでいる環境とかそうじゃなくて、三浦に住んでて楽しむにはどうしたらいいのかって考えた時に自分から行動しないと何も変わらないので、浜辺にいったり、三崎朝市に行ったり、用もないのにお店に行って名前を覚えてもらったり・・・港楽亭とか全くそうなんだけど、私はたまたま三浦が肌にあったから楽しめているんだと思う。

とおっしゃっていたので、三浦が肌に合ったんだと思った「キッカケ」みたいなのがあるのか訪ねてみたところ・・・

中野さん

結局は人に恵まれたよね。
本人目の前にして言うのがすげー悔しいんだけど・・・浅葉さんに会ってなかったらこんな風に楽しんではいないかも。

浅葉

ふん!(ドヤ顔)

中野さん

浅葉さんたち(YEG)が主催していたセミナーに参加したことがキッカケだった。三崎下町の路地とかは面白いなって思っていたけど、この人たちと知り合ってなかったら、ここまで三崎に通い詰めることは無かったと思う。市外に出て戻って来た人たちなので、三浦の良い所も悪い所も分かった上で、それを自分たちで変えていかないといけないという想いが伝わった。だから私も三崎に関わっていきたいなって思えた。だから本当に人に恵まれた。

岩野

結局は出会いですね。

中野さん

本当に悔しい!本人を目の前にして言うのが!

浅葉

結局はノリゾー(中野さんのニックネームの一つ)の行動の結果だよ。

岩野

それがあったからこそ、今アクティブに動けているんですね。

中野さん

人に恵まれたなって感じたのは、うちの母親が突然亡くなって、仕事やりながら実家を手伝ってていう往復の中で、三浦の人と知り合って1年だったのに皆がお店に呑みに来てくれたりメッセージで心配してくれたりして、なんか親戚みたいって思った。

岩野

なるほど、他人行儀じゃない、親戚のように親身になって心配をしてくれたんですね。

中野さん

この人たちすごい心が広いなって。

岩野

すごいいい話だな~。

中野さん

そう言ってる考ちゃん(岩野)の目が泳いでるよ!

菊地・浅葉

爆笑!!

岩野

俺の目は常にいつも泳いでますから(笑)目が据わることは無いですから!

中野さん

あんまり考えないで移住して来たけど、いろんな親切をしてもらったので、知人が来た時に、お店に足を運んで少しでもお金を落とすとか努力している。

岩野

それが一番ありがたいですよ。

浅葉

俺らも舵木にお礼しに行かないとだな!(笑)

岩野・菊地

ですね!!!

中野さん

舵木もビックリすると思うけどね。

浅葉

舵木は(中野さんが)移住した理由の一つってことを知らないの??

中野さん

どうかな~話したかな?でも、結婚した時にランチで旦那と親と行った時に、舵木のマスターとママが私が結婚したって知らなくて、

舵木ママ:「野村さん(旧姓)、うちの息子いるんだけど、どぅ?会ってかない?」って言われて

中野さん:「すみません・・・一緒に来てるの、うちの旦那です・・・」

舵木ママ:「えっ?結婚しちゃったの!??」ってやりとりがあった。

岩野・菊地・浅葉

爆笑!!!

浅葉

言っておけよ!

中野さん

旦那は藤沢に住んでたから舵木に呑みに行く距離じゃ無かったから・・・報告できなくて(笑)。


移住者インタビュー第1弾をお読みいただき、ありがとうございました~

三浦の人に関するトークをお届けしました~。すばらしい舵木オチでしたね!中野さんの移住者インタビューのオチはほぼ「舵木」さんでした~(笑)

私たちも舵木さんにお礼に行きたいと思います(笑)

次回は古今アンティークスの高橋さんのインタビューとなります!お楽しみに!

2018-09-19|